トップページへ施工実績>リフォーム実例05

建て替え不可の古家をリフォーム

市街地の路地をたどって着いたのはK様宅
駅にとても近く、通勤や通学、ショッピングにはとても良い立地ですが
周囲は高い建物に囲まれ、一日を通して日が入らない状態でした。

K様はお子様が生まれたのを機に建て替えを決意し、色々なハウスメーカーを巡りました。
・・・が、どこの会社でもまともに住めるプランを作る事ができませんでした・・・

それもそのはず、もともと狭い土地でしたが南と東が道路に面しており
新築する場合は道路幅が4m以上になるように南側に1m以上も家を建てられない部分(道路後退)が発生してしまうのです。
たとえば3階建てにするには道路斜線や容積率などの制限もキツく、どこもお手上げ状態だったそうです。


             リフォーム前のK様邸


弊社がK様と出会ったのは困り果てて半ば諦めかけた時でした。
「新築できなければ、せめて少しリフォームすればいいか」
という状態から話は弾み、法律上の床面積を増やさない範囲なら吹抜けを作ったり間取りを変えるのは自由ですよとアドバイスさせていただきました。
(もちろん、行政の担当の方とも確認は欠かしません)



         ↓そして、リフォーム工事をした結果!






あれ、新築!?

いいえ、リフォームです。
解体してみると、たび重なる雨漏りで骨組みはボロボロ、基礎も地面に置いただけ。
それでもリフォームですから、元の柱は残して内側にコンクリートでベタ基礎を作り、元の柱に新しい柱を抱かせて補強、屋根の小屋組みは殆ど原型を留めていなかったので、新しく入替えさせていただきました。
耐震性はそこらの新築住宅よりもガッチリです。






屋根の一部を屋上として子供の遊び場にし、そこに面して大きな窓をたくさん設置。
ほとんど窓が無いように見えて、室内はとっても明るいんです!

写真の奥に見えるのは床面積には入らない屋根裏収納部屋。
天井高さは1.4mと低いですが、12帖くらいあるので小学生くらいの子供なら遊び場としても使えますね。
屋根裏部屋に行く時には写真の様に、屋上へ上る階段から「すのこ」をはめて、そこを歩いて入ります。





玄関+LDK+寝室+水回りと無駄の全くなくシンプルな間取りですが、とても使いやすいと好評です。
サッシや断熱材も新築で言うところの「次世代省エネ仕様」。冬でも家中とても暖かいと太鼓判を頂きました。設備も省エネに優れた機器に入替え、外装材も耐久性に優れた物を選定しました。

新築の頃の輝きを取り戻すどころか、それ以上の高パフォーマンス。
これはもう、「新築そっ○くりさん」を軽く追い越して「長期優良住宅そっくりさん」です。




追記
平成26年度から「長期優良リフォーム」 「適合再生住宅」事業が始まりますね。
弊社の最も得意とする分野ですので、ご希望の方はどんどんお問い合わせ下さい!


施工実績に戻る