環境性能の高い 家電や、自動車、住宅(エコ消費3本柱)の普及を促進し、家庭部門の温暖化対策を加速するとともに、景気回復対策の一環として、住宅版エコポイント制度が創設されました。

このエコポイント制度には、住宅の新築とリフォームの二つがありますが、ここではエコリフォームについて記載しました。
新築の場合は、長期優良住宅普及促進事業で100万円の助成が受けられます。
長期優良住宅に対応した新築住宅についても弊社にご相談下さい。

平成24年度 復興支援・住宅エコポイントの概要
(7月上旬~中旬で予約が打ち切られます。予定している方は急いでください。)

■エコポイントの予算規模 1000億円 (新築エコとエコリフォームを合わせて)

■対象の着手時期 平成23年12月1日~平成24年10月31日までに着手したリフォーム

■発行エコポイント エコリフォームで上限 30万ポイント

■ポイント交換方法
1/2までは被災地の復興支援商品との交換。残りは商品券や地域振興券などに交換。または、即時交換により、当該工事に追加的に行われる工事費用に充当

■エコリフォーム対象工事
1:窓の断熱改修
方法1 省エネ適合窓をサッシごと交換
方法2 窓を省エネ適合ガラスに交換
方法3 単板ガラスまたは複層ガラスの内窓を設置

2:外壁、屋根、天井または床の断熱改修
断熱材区分に合わせて部位ごとに必要量を充填

1または2と合わせて行われる下記のバリアフリー改修工事
・手すり設置
 浴室の手すり設置
 便所の手すり設置
 洗面所の手すり設置
 浴室・便所・洗面所以外の居室の手すり設置
 廊下・階段の手すり設置

・段差解消
 屋外に面する玄関・勝手口などの段差解消
 浴室の段差解消
 屋内の段差解消

・廊下幅などの拡張
 屋内通路幅の拡張
 出入口幅の拡張

■エコリフォームによる発行ポイント数

下記のポイントを合算して、1戸あたり 300,000ポイントが限度です。

1 窓の断熱改修 改修方法および大きさによって、1箇所あたりのポイントは
2000ポイントから1,8000ポイント

2 外壁、屋根、天井または床の断熱改修
外壁 100,000ポイント
屋根・天井 30,000ポイント
床 50,000ポイント

1または2と合わせて行われる下記のバリアフリー改修工事
ただし、バリアフリー改修で、合算したポイント数は、1戸あたり、50,000ポイントを限度とします。
(箇所数にかかわらず、各項目でポイントが発行されます。)
・手すり設置
浴室の手すり設置 5,000ポイント
便所の手すり設置 5,000ポイント
洗面所の手すり設置 5,000ポイント
浴室・便所・洗面所以外の居室の手すり設置 5,000ポイント
廊下・階段の手すり設置 5,000ポイント

・段差解消
屋外に面する玄関・勝手口などの段差解消 5,000ポイント
浴室の段差解消 5,000ポイント
屋内の段差解消 5,000ポイント

・廊下幅などの拡張
屋内通路幅の拡張 25,000ポイント
出入口幅の拡張 25,000ポイント


その他、詳しい内容に関しては、http://www.mlit.go.jp の国土交通省ホームページをご覧下さい。

戻る