トップページへ>失敗できない資金計画



家を建てるのに、最初から最後まで一番大切な事はなんでしょうか?

それは、家を建てるのに総額でいったいいくら必要shikinか、そしてどの住宅ローンを選ぶと月々の返済額はいくらになるかと言った「資金計画」です。

チラシを見れば家の値段なんて
「本体価格○○○万円て書いてあるじゃない」
と思われる人もいるかもしれません。

実は、この「本体価格」ほどいい加減な値段も無いのです。ひどい会社だと「本体価格は家の材料だけの値段で、諸経費(会社の利益)や現場管理費、現場施工費は別途かかります」なんていう信じられない事を言う会社も多いのですから。

家の価格以外にも、土地を買えば「土地の価格」が、外の上下水道工事や庭の工事などの「付帯工事」、申請費用や登記費用、ローンの保証料などの「諸経費」もかかります。全て計算して、初めて「総建築費用」が分かるのです。

そして、これからが一番大切。
いい資金計画というのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。

マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。しかし人生で一番高いものは家そのものではなく住宅ローンなんです。それこそあなたの人生と命を賭けてする決定事項なんですね。この住宅ローンは現在4,800種類もあり、この中からあなたに最適の住宅ローンを選ぶのです。



家を建てるための資金計画にこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産営業マンやハウスメーカー営業マンが教えない、いや教えられない、資金計画の正しい方法を特別に資金計画アドバイサーが大公開しましょう!




良い資金計画とは、なかなかあなたの元には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、ハウスメーカーの営業マンは家を売っているんです。当たり前ですが・・・。よく営業マンは、金利が上がるから今すぐ家を建てなさいとか、言います。 


今すぐ建てたほうが良いのは本当なんです。では何が違うのか?金利が上昇傾向にあるから早く建てろ?そうではなく、早く建てたほうが皆さんお客様にとって非常に良い。いいや早く建てなければご家族皆様が損をしてしまうんです。この事実を教えてあげれない営業マンが多い、いやほとんどでしょう。では損をしてしまう理由とは何かをお教えしましょう。


shikin
とにかく、今やらなければいけないのは子供を育てていく上で必要な資金をしっかりと残せるように計画すること。そのためには住宅ローンの金利や年数、そして年返済比率、頭金はいくら必要なのか?そもそも頭金ってなんで必要なのか?住宅ローンは気合いと根性ではいつか破綻してしまいます。

重要なのは良い土地をいかに安く買うか・・・・・?良い建物をいかに安く建てるか・・・・・?正解・・・・・不正解・・・・・

例えば、A社は土地も安いし建物も安いがデザインがあまり???。B社は少し高めだけどいい物件。でもお金がな~。少しでも安い方がいいからA社で決めようかなと。

しかしA社とB社が薦める資金計画は同じですか?
A社は全体が安いが薦める住宅ローンは本当に適切ですか?35年ローンを組んで最終的に払う金額はご存じですか?B社の金額もご存じですか?どちらが安くなっているかわかるでしょうか?

A社とB社を比べてみると最終的にはB社の方が安いかもしれませんよ・・・・・。しかしそれはしっかりとした資金計画のやり方を知らないとできないし、ましてやしっかりと勉強しないととてもじゃないがわかりにくくなっています。 


もちろん、私共は家を建てるプロですが、資金計画をトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、住宅購入というのはこれからご家族みなさまの人生のための資金計画というものですから。これから子育てをしていく方も、これからご結婚されて新築購入される方も、また子供たちが独立してこれからゆっくりと悠々自適な生活をしていく方など、これからの人生をしっかりとした資金計画をして素晴らしい家づくりをお手伝いをいたします。

もし、資金計画や土地情報、わからないことがあったらお気軽にお問い合わせください。また、ローン初心者でも理解しやすい資料も差し上げます。
ぜひお問い合わせください。