トップページへ>土地探しでも失敗しない



土地の選び方というのはなかなか分かりにくいですよね。

立地や広さ・価格は当然として、周辺施設や交通網、さらに周辺環境、上下水道や都市計画法・建築基準法等の制限、地盤や高低差、さらに子供の学区・・・etc.

どういった視点で探していけば、理想の土地を見つけることができるのか・・・

不動産屋さんは、売りたい土地を気に入ってもらおうととセールスはしてきますが、あなたがどのような土地を選べば後悔しないかは教えてくれません。

tochisagashiそして、実は間違えやすいのが、土地探しの手順!「このあたりに考えているんだけれど…」。あなたの譲れない条件のうち、学区や土地の広さの希望と一緒に、一番考えなければならないのが、実は「土地にかけられる予算」。そう、土地の希望価格を明確にしておくことなのです。条件だけを並べ立てても、購入できないような高額な土地であれば、当然、家づくりは不可能です。実は、なかなか希望の土地がみつからない人は、予算を漠然としか考えてない人が多いのです。逆に事前に資金計画をたてて、「この予算しか土地にはかけられない。この条件と、この条件だけは譲れない」ということが解っているほうが、実際は、土地を絞り込みやすいのです。

弊社では希望の土地がなかなか見つからない方に、最適な土地を見つけるお手伝いをしていますので、何でもご相談ください。

失敗してからでは遅いのですから。




限られた予算の中で、できるだけたくさんの希望をかなえたい。
建物の希望もあるけど、土地の希望もある。
身体に優しくて、お洒落でステキな家に住みたいのはもちろんの事、
陽当たりがよくて、便利で広い土地をできるだけ安く買いたい!
そんな希望を持つのは皆さん同様です。
「失敗したくない。」「高価な買い物だから。」「一生に一度の買い物だし。」
そう考えて、より慎重に、より冷静に、より確実にと考えますよね。
そこで、よく聞く「土地探しをしている人が陥る迷路」のお話をしましょう。



これは迷宮入りの一つの例として読んで下さい。
土地を探している人のご要望の中でとても多いのが「南側道路」の土地です。

「良い土地」といえば南向きであることはいまや常識??
…ほんとうにそうなのでしょうか?

何が何でも南向きの土地を…探す前に、ちょっと他の条件を再確認してみませんか?意外な落とし穴や、より良い選択肢が見つかるかも知れません。

gazo日本では南向きにこだわる人が多く、南側に大きく窓を取っている住宅が良い住宅とされています。
日本の伝統的な住まいは木造在来工法で建てられたものが70%ですので窓などの開口部を大きく取ることができました。私たち日本人は大きな開口部のある家に慣れ親しんできたこと、又、洗濯や布団干しをよくする習慣から、そのような事が南向き信仰の大きな要因となっているといってもよいでしょう。
その様な嗜好から住宅の向きによって大きな価格の差が出てきてしまうのですが、南向き以外の物件に、価格的なお得感が有ることは間違いありません。

何にでも「メリット」「デメリット」は存在するものです。
今一度、本当に南向きが一番良いのか考えてみましょう。

『南向きのメリット』
「明るく暖かい」このひとことに尽きるでしょう。
朝・夕方は、直接陽は入らないものの、昼間は長時間明るく、部屋の中は暖かく、南側に物干しスペースがあれば早く乾きます。

このように日中を家で過ごす時間の多い人には、太陽の恵みを受けられるという点で大きなメリットがあると思います。壁に窓が多いと、視覚的な広がり、開放感、明るいということで精神的にも大きな満足感が得られます。

『南向きのデメリット』
朝は、陽が入らない。
人間の体内時計は朝日を浴びることで整えられるといわれますが、朝日を浴びるのは東向きの窓です。朝早く起き、昼間は家にいない生活スタイルの人は南向きより東向き住宅のほうが向いているかもしれません。

そして、南向きの土地であってもこんな条件が重なっていたらどうでしょう?
「目の前に建物があったら…?」
南側に大きな建物があるため陽がささなかったり、近接する住宅があるためカーテンを閉めっぱなしにしなくてはならないなど、意外な盲点があります。購入の際には将来そこに、大きな建物が建つ可能性がないかを必ず確認しましょう。

「都市型住宅では…?」
実際に狭い土地がひしめく都市型住宅では南側に大きな開口を持つこと自体困難なケースもあります。
南向きに拘るよりもそのほかの条件を優先したほうが、結果的に希望に近い住まいを手に入れる事ができると思います。例えば、南側に窓を設けられなくても、小さな天窓があれば、3分の1の大きさで同じくらいの明るさを得る事もできるのです。

その他、夏の暑さに弱い人は南向きは厳しい場合があります。そんな時は、庇やガラスの種類で日差しをさえぎる工夫が必要です。(建物の南側に落葉樹を植えることでも対応できます。)

もし、気に入ったところに南向きの土地と北向きの土地がみつかって、その価格差がカナリの差であった場合、私でしたら北向きの土地を選んでもいいのではないかと思います。事実、100万円以上の価格差がある事も多々あるものです。
光を入れるテクニックは色々あると思います。トップライトや中庭などを設けるのもその一つと思いますし、正面は思い切って閉鎖的に造りこみ、家の中に入ったら明るい光が上からサンサンと降り注いでいる方が面白くないでしょうか?

土地は色々な可能性を秘めているので、方角に縛られず、いろいろな角度からその土地を眺めてみる事はとても大切なことです。
方角だけでは土地のよしあしは決まらないはずですから…。




良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。 

「両手の商売」というのは、売主さんと買主さん両方から仲介手数料をもらうことです。
「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】 「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客さんの
ために提案するということが難しいのです。 

また不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。

不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。 

そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。

結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

もちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。